【体験談】ユーザー車検の費用、事前予約方法を公開/ スズキ スイフト編

こんにちは、らびっとブログです。

車を買うと必ず言われること、

 

“車の本体は安くても、維持費が高いよ”

 

でも、維持費って具体的には何でしょうか?

ガソリン代、駐車場代、修理代…そして税金

特に車検は実際に受けてみるまで総額もわからず不安ですよね。

 

今回はユーザー車検をすることで、車検費用を約4万円以上安くした私のユーザー車検体験記をお伝えします!

 

ユーザー車検は怖くない!

みんなも挑戦してみてね!

 

っていう記事です。

結局、どれくらい安くなったの?

結論としては、4万円以上安くすることができました!

方法総費用
ユーザー車検¥37,530
メーカー車検¥80,000~

メーカー車検の金額は、販売店から届いた車検案内状を参考にしています。

ただ、販売店に任せる場合はパーツの交換・点検整備代など

 

“実際に検査してみないと、一体いくらになるかはわからんのぉ”

”へぃ、部品交換や各種調整が必要かもしれませんからねぇ

ということで、最終的にいくらになるのわからないのは不安ですよね。

一回で10万円以上の出費になることも多い車検は、家計の一大事です。

 

実はちょうど同じタイミングで家の契約更新もあり、

車検案内のハガキが届いた日には、目の前が真っ暗になりました。

*まぁいずれ案内が来るのはわかってたんですけどね

車検費用を何とか安く!どんな方法がある?

車検の案内を受け取ってからというもの、頭の中は車検でいっぱいでした。

 

“今日のご飯は…シャケ(ん)でいい?

”車検の話をするなぁぁぁぁ!!!”

まずはネットで調べてみたところ、車検を受けることができる場所は意外と多いです。

メーカーの販売店、ガソリンスタンド、町の整備工場 etc

でも、それぞれこんなイメージで決めかねていました。

 

受ける場所費用イメージその他イメージ①その他イメージ②
メーカーの販売店やや高い・安心感がある
・整備をしっかりしてくれそう
・ナビの更新とかを無料でやってくるかな?
・色々オプション整備をつけられそう
予約をかなり前にする必要がありそう。
代車を借りたり、時間もかかりそう
ガソリンスタンド安い〜普通・整備が適当そう
・ガソリンが割引になることがある
・けど、そんなに魅力がない
時間は少し早そう。
でも代車はなさそう。
町の整備工場安い〜高い・知らないところに入りにくい
・お店の人によって、整備も料金も全く読めなそう
早いけど、それでも数日はかかりそう。

 

そして、実は前から気になっている方法もありました…

 

ゆ〜ざ〜車検〜!

 

そもそも人に任せないで、自分で車検を通す!という方法ですね。

 

でも、ユーザー車検ってなんか不安じゃないですか?

 

そもそも車の整備って自分でできるんですか?

ユーザー車検に必要なこと

”ユーザー車検を受けてみようかな”と決めた理由の一つに

実は車検に向けて特別な整備をする必要がない

ということがあります。

 

車検のイメージって、すごく難しそうですよね?

車のプロがエンジンの状態や、謎の工具を使って車を徹底的に調べあげる!

素人がいじっちゃって大丈夫なの?

みたいなね?

 

これは正しくもあり、間違いでもあります。

 

そもそも、車検の検査項目って何があるでしょうか。

項目内容イメージ
同一性の確認車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかの確認これは普通。100%問題なし。
外廻り検査自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認ランプ切れは普通していない。
*万一していても交換は可能。
サイドスリップ検査前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認これは少し不安。けど事故もしていないし、多分OK。
たまに縁石乗り上げたけど…
ブレーキ検査前輪・後輪・駐車ブレーキの制動力の確認これはいけるでしょ。
スピードメータ検査実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認これもOKでしょ。
ヘッドライト検査ヘッドライトの光量・光軸が、基準値内であるかの確認うーむ、いじってないし多分OKなはず。
排気ガス検査排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認これもいじっていないしOKかな。
下廻り検査車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認よくわからないけど、まだ車も新しいし平気かな。

運輸局 車検項目

 

あれ?意外と難しそうなことしていないぞ?

 

というか、パッと見でわかることしか検査しないじゃん。。。

(…これ、自分で余裕で出来ないか?というか、出来るも何も、何もしないぞ。)

 

誤解の無いように言うと、車の状態は常にメンテナンスをした方がいいです。

これは間違いない。

車検がその良いきっかけであることも間違いないです。

だけど、必ずしもメーカーの整備士にチェックしてもらうことが法律的に必要なのか。

それは違います。

 

国としては、あくまでも上の表の項目を問題なくパスすることを求めています。

*逆に言うと、項目に無いことは検査すらしないのです。

 

それでもユーザー車検は怖いあなたに

実は私、結構車が好きです。

そんな私でさえ”自分で車検”ということには抵抗感があります。

車=難しい と思っている多くの方には、

 

”いやー、よくわからないし、安全を買うってことで任せるからいいよ”

 

と言う方も多いと思います。

 

実際私もこれまでの車検はそういう理屈で通しています。

“最小整備でお願いしますね!”

みたいな。

 

けど、ユーザー車検を調べるうちにあるサイトに出会いました。

え、980円で買ったこんな古い車が一発OK?

…俺が落ちるわけないでしょ。

https://rocketnews24.com/2014/11/26/514761/

そうと決まればあとは準備だ!!

車検の準備

事前予約 (必須だよ!)

ということで、車検前日の深夜2時。

 

“有給もとったし、明日はサクっと車検でも行くか!”

 

というか、どこへ行くんだ…?

 

”面倒臭いけど、一応場所くらい調べておくか”

 

と、深夜にパソコンを開き

“ユーザー車検 + 地元の名称”

で検索するとあっさり発見。

運輸局 予約サイト

何と予約制とのこと。

 

おぉぉぉ、やべぇぇぇぇ!!!

 

“あ、でも明日(今日)の分はまだ枠があるな。一応予約しとくか、初心者だし。”

 

といかにもお役所な作りのサイトで予約。

IDを作成し簡単にできます。

 

こんな画面から、

こんな画面に行き、

こんな風に時間を決めます。

ほとんどの人は継続検査 + 普通車になるのではないかと思いますが、

詳しくは自分の車と合わせて説明を読んでくださいね。

これ、

”当日にふらっと行ってもできるっしょ!”

と思っているあなた。

 

 

出来ません!(断定)

くっきり、はっきり書いてありました。

予約だけはしていきましょう。

持ち物

車検証や自賠責のなんたらなど、何やら難しそうな書類が書かれています。

車検の持ち物

けど、これはほとんどの人は車に積みっぱなしのはず。

つまり、準備は不要!!

住民票、実印、委任状…そんなことを言われたらアウトでしたが、特に無し!

 

お役所にしちゃー気がきくじゃねぇか!

 

なんて思いながら眠りにつきました。

 

*当日編に記載しますが、車の所有者名の印鑑があると楽かもしれません。

 

さて、次はいよいよ当日編です。

特に準備もなく、さくっと車検場に向かっていきましょう!

 

⇩当日編はこちらからどうぞ⇩

https://rabbit-blog.com/?p=269&preview=true

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です