【大満足】Soundcore Life A2 NCはLiberty Air 2 Proよりコスパ良し!

Ankerよりノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンが発売されましたね。

近頃は新製品の発表に男心をくすぐられる事が減ってしまったのですが、ノイズキャンセリングイヤホンにはずっと興味がありました。ノイズキャンセリング機能をつけると数万円してしまうことが多かったので、さすがにイヤホンに数万円はなぁ。と、欲しいけれど使ったことがない、という状態が続いていました。

そこに、このツイートが飛び込んできました。

Ankerはコスパの良いモバイルバッテリーのメーカーというイメージだったのですが、最近はAnker製品全般について良い噂をよく聞きます。オーディオといえばSONYやBOSEなどの音響メーカーしか良質な製品を作れないイメージがありましたが、ワイヤレスイヤホンではむしろ新興メーカーが実際にランキングによく現れています。

安いから今回は即買い!と思ったのですが、実は一点気になることがありました。猿渡さんのTweetには書かれていないのですが、実は同時にSoundcore Life A2 NCというよく似ている、しかも少し安いイヤホンが発売されているんですね。

こんな人に読んでほしい

どちらの製品を買うべきだろう?Soundcore Life A2 NCでも性能は良いのだろうかと悩んでいるあなた

それではどうぞ!

Soundcore Life A2 NCとSoundcore Liberty Air 2 Proのスペック比較

まずは基本のスペック比較です。

 Life A2 NCLiberty Air 2 Pro
ノイズキャンセリングウルトラノイズキャンセリングウルトラノイズキャンセリング
充電端子USB Type-CUSB Type-C / ワイヤレス充電
再生可能時間最大35時間最大26時間
防水規格IPX5IPX4
対応コーデックSBC / AACSBC / AAC
ドライバーサイズ11mm11mm
希望小売価格¥9,900¥12,980

あれ?もしかしてSoundcore Life A2 NCのほうが良くないですか?Liberty Air 2 Proのメリットは何でしょうか?そこで質問をしてみました。

しかし回答は得られず。他の人の質問、コメントには丁寧に回答があるのに…

さすがに両方のイヤホンを買って聴き比べる余裕はなく、今回は値段が安いSoundcore Life A2 NCを実際に購入してみました。

Soundcore Life A2 NCのメリット

実際に購入した感想を一言で表すなら、Soundcore Life A2 NCはとても満足出来る製品でした!Sound coreLife A2 NCは間違いなくおすすめです。

欠点が無いというすごさ

私は今まで1万円~2万円くらいのイヤホンを使うことが多かったのですが、皆さんもSoundcore Life A2 NCの音質には十分満足できると思います。むしろ、今までのイヤホン製品で気になった不満がSoundcore Life A2 NCにはありませんでした。

他の製品を使った時の不満
  • 接続が切れることがある
  • サーッというホワイトノイズが気になる
  • 音が小さい or 大きすぎる
  • 本体の操作がしにくい

こうしてあげてみると音の不満というより、使い心地の不満が圧倒的でした。しかし、Soundcore Life A2 NCにはそうした不満がない。これはすごいことです。

もう最高!!ヤッバ!!何この音!!

という感じではなく、

おー、いいね!きれいな音。操作もしやすいし、何より目立った不満がない!

という感じです。思い出してほしいのですが、感動って長続きしないですよね?音の良さとか、使用時の感動は数回で慣れると思います。だけど、不満は毎回思い出して気がついちゃいますよね?Soundcore Life A2 NCにはそれがない。毎回ご機嫌に使うことができます。

ノイズキャンセリングで周囲の音が消える

ノイズキャンセリングには複数のモードがあり、その場にあった最適な調整をすることができます。

  • 交通機関・・・エンジン、路面騒音などの低域の周波数を軽減
  • 屋内・・・カフェなどの室内空間で、周囲の声や中周波ノイズを軽減
  • 屋外・・・外出先での周囲のノイズを軽減

これは試してもらうしかないのですが、モードによって音の聞こえ方が相当違います。今はリモートワークで室内にいることが多いので、”屋内モード”を試してみたのですが、室内の音がスッ・・・と消えました。エアコンの音、テレビの音、家族の話し声が聞こえなくなります。例えるなら100の音が10になった感じでしょうか。あー、少し音が減ったかも?というレベルではなくハッキリと低減されます。(どんな音も全く聞こえなくなるのかと言えばNOですが、普通の音はきこえなくなりました。)

一方で交通機関モードだと、サーッというホワイトノイズのような音が聞こえます。室内ではなく電車や外におすすめですね。実際に散歩して使ってみましたが、その時は屋内モードより交通機関モードが一番快適になりました。

おそらく、数万円する上級機種のノイズキャンセリングは更にすごいのでしょう。しかし、ノイズキャンセリングを初めて使う方には間違いなくおすすめ出来るレベルの高価があります。ちなみに、今はカフェでこの記事を書いていますが、自分のキーボードの打刻音と周囲の会話は全く聞こえません。快適。

適切なノイズキャンセリグモードを選ぶことが大切

外を歩いているときに強い風が吹きました。そのときに、ザーっというノイズがイヤホンから入りました。携帯で通話中に強く息を吹きかけたり、風が吹くと音が割れるあの音です。

うぁーこれは失敗したかも。外で使えないなんて意味が無い。

と思ったのですが、実は適切なノイズキャンセリングを選択すれば解決可能でした。

  • 屋内モードを外で使用:風のノイズがひどい
  • 屋外モードを外で使用:きれいに聞こえる

いちいちノイズキャンセリングモードを切り替える手間はありますが、アプリでサクッと変更可能です。気になる人は都度環境に合わせたモードを選べば良い環境で音楽を聞けます。

気になる点

正直なところ、欠点らしい欠点はありません。しかし、いくつか不明点はありました。

切り替えが面倒

携帯で音楽を聞いたり、テレワークの電話会議でパソコンに切り替えたりと、複数の機器で使いたいという人は多いと思います。これがちょっと面倒でした。他のイヤホンも同じ形式ですが、いちいちBluetoothの接続を解除し、必要な機器に接続しなくてはいけません。

設定からの切り替えが面倒なのでイヤホン本体で電源のon/offをしようとしたところ、イヤホンを操作してon/offはできないようでした。そのため、複数のパソコン・複数の携帯で使っていると、どれに接続されているかすぐにわからないということがありました。(私の場合はスリープになっていると思ったmacに実は接続のままのことがありました)

ケースに入れて接続を切り、起動した際に対象の機器に接続すれば使えますが、ワンタッチで接続先の機器を使えれば更に良いですね。

パソコンでのモード切替ができない?

ノイズキャンセリングはアプリでモードを切り替えるのですが、パソコンで使用している時はどのように切り替えるのでしょう。これがわからない。Ankerのページにログインしてみましたが、アプリのようにノイズキャンセリングのモードは切り替えられませんでした。携帯電話で使う時はアプリで問題が無いですが、携帯以外でノイズキャンセリングを使う時は切り替えに悩みますね。
*アプリでの操作にはbluetoothのリンクが必要なため、パソコンに接続しながら携帯アプリで操作はできないようです。

まとめ

久しぶりのイヤホン購入でしたが、今回は大満足の買い物になりました。初めてのノイズキャンセリングイヤホンでしたが、一万円を切る価格でこれほどの品質のものが手に入るとは驚きです。買う前はコスパに合うかを心配していましたが、自信を持っておすすめできます。

悩んでいる方は是非チェックしてみてください。この商品なら後悔はないと思います!

2 COMMENTS

KADAI INFO

ノイズキャンセリングの切り替えはアプリ使わずとも,イヤホンを二秒間タップで切り替えができる。PC接続の場合もできた。

返信する
らびっとブログ

コメントありがとうごさいます。確かにアプリに記載ありました!大変参考になります。
ちなみに、電源をオンオフ出来るかご存じでしょうか?ケースに入れないと再起動は出来ないですかね。個人的にはここがもう一つの不満でした。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です