【失敗レビュー】JBL FreeX / ワイヤレスイヤホンのペアリングが微妙

なかなか素人が絞りきれないワイヤレスイヤホンにおいて、JBL FreeXって評判良いですよね。

前作のJBL Freeでは接続状況が良くない!使い物にならない!との批判があったそうですが、

“JBL FreeXでは改善されている!”とのレビューが多かったため購入しました。

しかし!

当ブログの見解ではイマイチ!

今回はその理由をお伝えします。

本当は喜びの声を伝えるためにブログ書きたかったんですけどね・・・

JBL FreeXのレビュー

結論から言うとイマイチ。

長らくamazonで買い物をしていますが初めて返品機能を使いました。

価格

実は価格は非常に魅力的でした。

購入時で一万円ちょっと、これならば非常にコスパが良いと思います。

音質や充電の長さに不満はありませんでした。

接続が途切れる

最大の不満点です。

使い方は間違っていないと思うので、そもそもの仕様か、たまたま私の買ったものが不良だったのかはわかりません。

しかし、音の綺麗さなどの感覚的な評価と異なり、”接続が途切れない”ということは最低限必要なことだと思います。

具体的には、以下の二つのことで音が途切れました。

  • パソコンで動画を再生するき、次の動画、次の動画と進むといつの間にか音が出なくなることが多い
  • スマホで音楽を聴くときに音が途切れることが多い

それぞれ具体的にお伝えします。

いつのまにか音が出なくなる

最初は動画の仕様かと思って気がつかなかったのですが、

すっ・・・と音が消えてしまうことがあります。

30分使うと数回発生したので結構なストレスになりました。

イヤホンとパソコンのペアリングを解除・再接続すると解消されますが、都度その作業をすることは面倒です。

音が途切れる

ワイヤレスイヤホンだからしょうがないのかな?

と思うこともありますが、やはりストレスです。

接続が解除されるわけではなく、

“あ〜い〜う〜え〜お〜〜〜〜。”

と再生される曲が、

“あっ、い〜、っ、う〜、っ、え〜〜おっ〜〜〜”

と途切れ途切れに再生されることがあります。

途切れる長さは“プッ”という感じで一瞬なのですが、曲を一時停止・再生で聞くと疲れるように、途切れるのが一瞬だからいいじゃん、とはならなかったです。

画像レビュー

しかし、せっかく購入したので検討中の皆様のために画像でレビューをします。

購入をする・しないの判断の一つにしていただければと思います。

本体はカッチリとした箱に入って届きます。

イヤホンの収納はこんな感じ。

そして開封をしました。

付属品はサイズ調整用のゴムと充電ケーブルですね。

ケーブルの長さと色がちょっと気になります。

最初は標準サイズのゴムがイヤホンに付いています。

私はこれがぴったりでしたが、女性にはもしかしたら大きいかもしれません。

本体のラバーケースです。

これも装着してみます。

これでイヤホン側の準備は完了ですね。

充電用にケースに納めます。

サイズは思っていたより大きめで、ちょうど整髪のワックスのサイズと同じくらいです。

カバンの中にあるとちょっと大きい感じがしました。

充電口はこんな感じです。

優しく扱わないとカバーの部分が取れてしまうかもしれませんね。

そして充電量は本体のランプで示されます。

セットアップのための説明書は英語が基本ですが、日本語も付いています。

英語の方が日本語より丁寧なので、読める方はこちらが良いかもしれません。

装着感は非常に良好です。

ゴムの調整によってフィット感を上げることができますし、走っても落ちる気がしません。

ただ、歩くときの音が結構響きますね。

革靴で歩いていると、ゴツ、ゴツ、ゴツと自分の足音が頭に響きます。

これはJBL FreeXだけではなく一般的に発生する気がしますが、耳に指を突っ込んで歩いてもらえれば感覚がわかると思います。

そう言う意味で、落ちることはないけど歩きながらの使用はちょっと気になる、と言う感じでした。

そんな感じです!

接続の途切れ方に付いても個体差、また人によって許容範囲が違うと思います。

あくまで一つの意見として受け止めていただければ幸いです。

amazonレビューではその他大勢の方のレビューもありますので、比較の上購入をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です