【Google pay】Kyashと合わせて登録し、ポイントカード、電子マネーを一つにまとめよう

還元率2%のお得なクレジットカード”Kyash”ユーザーの皆さんに、本日はさらにお得な情報があります。

すでにGoogle payを使っている方はどのくらいいるでしょうか。

名前は知ってるけど、なんとなく未だ使っていない、と言う方も多いと思います。

個別に使っている電子マネーもKyashを支払いもとにしてお得に生活しましょう。

今回はこんな方に向けたお得情報をお伝えします。

お得情報
  • Kyashに支払いを集約したい。各種電子マネーの登録元にKyashを設定したい人
  • Edy, Suica, nanaco, WAONなどの複数の電子マネーを一つにまとめたい人
  • T POINT, d POINTなどのポイントカードをまとめたい人
  • カードは持ち歩きたくないがポイントは欲しい人

Google payの基本情報

最近話題の◯◯payというサービスをGoogleも出しているんですね。

しかしそこは全ての情報を統べる天下のGoogleです。その集約っぷりが半端ない!

かさばるお財布をスマートに。

面倒臭くて出さなかったポイントカードも簡単に利用。

(私はT POINTカードなど面倒で使っていませんでした・・・)

Google payで何ができるか

最大のメリットは複数のカードを簡単に一つにまとめることです。

Google Pay は簡単でスピーディな Google の支払いサービスです。
これまでどおり様々なお店で利用でき、この度、交通機関や Web サイトなどでも利用できるようになりました。
ポイントも特典もこれまでと変わらずに受け取れます。あなたの新しいお財布としてお使いください。

今回画像をお借りした公式サイトではJCB, Suica, nanaco, 楽天edy, WAONなどを一つにまとめている様子がわかります。

Google Pay では、以下の 5 つの電子マネーが使えます。
お店で使用するときは、引き続き電子マネーの名前を店員さんに伝えるだけで使用できます。特別な設定は必要ありません。

クレジットカードはある程度まとまった額で、小額の支払いは電子マネーという人は多いのではないでしょうか?

しかもお店によってnanacoが安い、waonが安いなどお得なものが異なるため複数のカードを持ち歩く必要があり、毎回個別にチャージするのも面倒でしたよね。

でも大丈夫!

当ブログ一押しの”Kyash”を電子マネーのチャージ元に設定することができるのです。

これでチャージをすればいつもの3倍お得になります。*筆者体感調べ

  • Kyashのポイント(2%)
  • Kyashの支払い元のクレジットカードのポイント(1~2%ほど)
  • 電子マネー自体での割引メリット

Kyashについては利用制限もありメインカードとしては使いにくい状況もあります。

しかしいつも使う電子マネーのチャージ元であれば安心で、スピーディーに使うことができます。

*クレジットカードはサインの時間なども手間ですよね

し、か、も、ですわ。

なんとポイントカードもまとめることが可能!

“T POINTカードはお持ちですか?”

“あ、ないっす。(カードを持ち歩くのめんどくさいからいいや)”

と言う人も、いつもの携帯でポイントが貯まるなら話は別なはずです。

Google payならスマートに、お得にポイントを貯めることが可能です!

さらにですよ。

もはや現代人の必須カードSuicaの代わりにもなります。

カードを減らしてもどうしてもこれだけは減らせなかったカード。Suica。

Google payにまとめることで減らせるんです!

万が一Suicaを落としたら、という心配からも解放されますよね。

そうすると、実際どこで使えるんだって話ですよね。

Google Pay は、各電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay)に対応するすべてのお店で使用できます。

つまり、普通の電子マネーと同じなんです。

Google pay対応とか書いてあるお店ではなく、いつものお店で普通に使えるということです。

そしてセキュリティーにつてもGoogle品質です。

セキュリティーの議論は、どこまでその会社を信頼するか、と言う話になりますがGoogleであれば世界屈指の大企業で安心です。

実際にダウンロードしてみた

それでは早速レビューをしてみましょう。

私の携帯はHuaweiの携帯です。最近iPhoneから機種変してました。

Andoroidではない人は異なるのでご注意ください。

ダウンロード方法

まずはGoogle storeで”Google pay”と検索しインストールします。

早速開いてみましょう。

なんとなく新製品を買った時のワクワク感がありますね。

お得生活まってろよー。

キタキタ!これですよ!

早速使ってみましょう。

そうすると、こんなホーム画面につきますね。Googleらしくシンプルです。

操作に迷うことは無いのではないかと思います。

まずは”パス”をクリックしてみました。

はやくごちゃついたポイントカードをまとめたいですからね。

登録可能なポイントカードが出てきました。

私はあまりポイントカードを使わない人なので、いくつか引っ張り出してきて登録してみます。

まずはIKEA。

えぇ、全然使ってないカードの代表みたいなものです。

非常に楽だったのは、自動でカメラが立ち上がり写真をとるだけで登録が完了したことです。

一瞬で登録が完了しこれは楽です。

数字の手打ちは疲れますからね。

Kyashの登録

次は支払いのためにカードを登録しましょう。

ここは当ブログの一押しカード”Kyash”を登録します。

が・・・

あれ?

カードを登録する場所がない!

ホーム、支払い、パスのどこからもカード情報の登録ができませんでした。

そして数分のポチポチの後に見つけました。

クレジットカードの登録は、携帯全体の設定画面からできました。

この中にある、Google / Google サービスという項目を選びます。

そうすると、Googleのサービス一覧の中にGoogle payがあるので選択。

お支払い方法を管理していきましょう。

そしてクレジットカードを追加します。

注意点

さて、これでいよいよ設定は完了です!

あとはガンガン使うだけですよ!

と思いきや、まさかの展開がおとずれます。。。

このスマートフォンでは店舗でお支払いいただけません!

なんでもNFCに対応していないから、ということです。

つまり私の携帯はお店で“ピッ”ということが出来ないんですね。

今までお財布携帯を使うことなかったので、気にしたこともありませんでした・・・

皆さんも使う前に自分の携帯がNFC対応か確認してみてくださいね。

私はNFC未対応でテンションがガタ落ちですが、ボチボチ使ってみようと思います。

その他のアプリ(PayPay、楽天ペイ、Origami )

私は携帯の機能上の都合によりGoogle payが使えませんでしたが、iPhoneユーザーの方はこちらの方がシンプルかもしれません。

どれも急速に成長しているアプリでキャンペーンも数多く行なっています。

Google pay以外の選択肢が欲しい方は是非ご検討してみてください。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ) – PayPay Corporation

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える – Rakuten, Inc.

Origami スマホ決済アプリ – Origami Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です