【レビュー】バッタを倒しにアフリカへは学者による現代のドラクエ

バッタを倒しにアフリカへ

インパクトのあるこの表紙を見たことがある人も多いと思います。
この本は以前から知っていましたが、あえて避けていました。

名前にウルドとか胡散臭いし、ピストン西澤とか、バカボン鬼塚とか、ウド鈴木とか、そういう系統でしょ?と思っていました。
人生うぇーい!な若者がとりあえず本を出したと思っていました。
どうせよくあるアフリカ生活ドタバタ日記だろうと思っていました。
人生は経験、住所は地球!みたいな意識高いけど学歴はない人の本だと思っていました。

全く違った。

もし表紙の胡散臭さでこの本を判断してしまった人がいたら、ちょっと待って欲しい。
それは大きな間違いだと今から伝えたい。
そして過去の自分にも伝えたい。

食わず嫌いをした過去の自分のバカ!

ここがすごい

作者の経歴がガチ

写真と名前に騙されてませんか?
著者の前野さんはテレビに特集されるような面白昆虫おじさんではなかった。
まず神戸大学の博士課程を終了している本物の博士です。その後、京都大学や国際農林水産業研究センターに勤めるガチの学者さんです。アフリカには趣味ではなく当然研究で行っています。(彼からしたら趣味かもしれませんが)

決意がすごい

前野さんは幼少期にファーブル昆虫紀に影響され、虫の世界に感動をしたことが原体験となっています。私も小学生の頃に図書室でファーブル昆虫記や、シートン動物記読み耽った記憶があり、懐かしい思いと、当時の感動を改めて思い出しました。しかしここからがすごい。

前野さんの情熱は消えさることがなく、大学受験ですら”昆虫のことが勉強できるか”という軸で受験をします。偏差値やイメージしか考えていなかった自分とはえらい違いだ。
しかし大学まではまだわかります。大学院もギリギリわかる。でも、バッタの博士になって日本で生きていけるでしょうか。しかも専門とするバッタは日本におらず、アフリカに生息するバッタです。

私が親だったら絶対に止めるし、自分の夢でも多分諦めるでしょう笑

そう、普通は諦めますよね。

前野さんも同じ悩みを抱えています。学者の世界では”ポスドク問題”というものがあり、ざっくり説明すると博士になったけど、就職が無いという深刻な問題です。仕事とはそもそも誰かがお金を払ってその業務を依頼したいということなのですが、日本人のバッタの先生、しかもアフリカのバッタが専門という先生に誰がどんな仕事を依頼するのでしょうか。しかも正社員待遇!?

普通なら諦めてしまう逆境を跳ね除けたのは、やはり心から好きなことだからですね。しかも前野さん本人には多分逆境を跳ね除けるという意識はない気がします。もちろん悩みや苦労も描かれているのですが、好きに引っ張られているからポジティブに悩むんですよね。言い換えると鬱っぽく悩まない。やりたいことを仕事にする強みはこれからもしれません。

安定をとるか、本物をとるか。

ギクっとさせられるサラリーマンの方も多いと思います。
これは本物になることを選んだ前野さんの物語です。

にじみ出す人間くささがすごい

高学歴で、バッタが専門の学者の本と聞くとつまらない論文みたいな本をイメージしませんか?
私は前野さんがこの本を書いた理由が、まさにそこだと思います。

実はこの本、読んでいてとてもホッコリします。
学者なのに素人感があり、そこに人間味を感じます。
例えば、フィールドワーク自体が初めてだったり、子供にバッタを集めてもらおうと報酬を出したら大混乱になって逃げたり、スーツを忘れたら日本から空輸してもらったり。
俺は海外慣れしているし、どんな現場にもタフに対応していく!
というスタイルではなく、
しまったぁぁ!!!どうしよう笑
くらいの明るいスタンスに読んでいてとても励まされます。
(こういう本を読む人は海外経験がある人も多いと思いますが、おいおいそんなことしちゃうの!?と思うようなハラハラした感じもあります。)
ドキュメンタリー番組ではなく、Youtubeを見ている感じが近いかもしれません。
・バッタに食べられたいけど、バッタアレルギーでさわれない
・あまりの寒さにそのクリームシチューを僕にかけてくださいという夢を見た
・オアシスは金髪美女が泳ぐ池ではなく悪臭を放つ不愉快な水溜りだった

素朴な語り口も最高です。毎ページが新しいスリルに満ちています。

日本でバッタを大人気にしたい。みんなに知って欲しい。そうしたらバッタの先生も生きていける。無収入で苦しむ前野さんが自らの論文より優先して本を書き、仲間の学者にバカにされ、遅れをとるリスクをわかっていながらもPR活動を進める理由がそこにあります。

日本にはバッタの学者の需要がない…自分で需要を作ればいいんだ!

こういう柔軟さが素晴らしいですよね。
自分のキャリア目当てで需要なありそうな分野に行くのではなく、自分の心に従って生きています。

バッタの話が出てこない

読む前まではアフリカでバッタとの死闘を描いた本だと思っていました。しかしバッタの話が一向に出てこない。出てきたの本当に最後のところです。
確かに表紙通りに”バッタを倒しにアフリカへ”行った話です。中身をまとめるなら、バッタの大群と遭遇したくて頑張る話です。だから軸はバッタなのですが、バッタだけではなくそこに向かう試行錯誤が全て本になっています。

まさにドラクエですね。
魔王を倒すストーリーであっても、最初っから魔王と戦いが始まるわけではないのです。

これはまさしく少年ジャンプだ

少し前に読んだ本で印象に残った言葉がある。あのジョジョの奇妙な冒険を描いている荒木飛呂彦先生の本だ。

その中で印象的な言葉があった。
正確に覚えていなくて申し訳ないが、一言でいうと”常にプラス”ということだ。
多少のアップダウンはあったとしても常にプラスに進めることが王道なのだ。
前野ウルド浩太郎、名前を略してもJOJOにはならないが前野さんはまさに黄金の精神を持っている。

これは、とあるバッタが好きな少年が、数々の苦労を乗り越え、一流の学者となり日本にバッタ文化を根付かせていく物語。

まさにこれです。

将来の進路に悩む学生。
やりたいことが見つからない若者には是非読んで欲しい。

そんなことして食っていけるの?

そんな安っぽい否定の言葉を超えていける情熱があるのであれば、大丈夫、君の人生はきっと開ていく。
アフリカのバッタを研究する日本人の学者がそう教えてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です